コンテンツ一覧

HOME >> 脂肪注入法 >> 脂肪注入法

脂肪注入法

脂肪注入法は、サイズダウンをしたい部分の脂肪を吸引し、バストに注入することで、バランスの取れた理想的なプロポーション作りを実現いたします。痩身効果とバストアップの効果を同時に得られる施術です。

ご自身の脂肪を使用する為、アレルギーなどの拒絶反応が起きる事もなく、安全性も確かです。

手術は通常の脂肪吸引と同様に極細の管(カニューレ)を使用し、注入に使用する脂肪を確保することから始めます。

吸引した脂肪を生理食塩水で洗浄し、状態の良い、注入に適した脂肪のみを選別した後、注射器に移し替え、バストの筋肉層・乳腺層・脂肪層などに少しずつ丁寧に注入して形を整えていきます。

注入された脂肪は毛細血管に取り込まれて、その部位の組織として生着(脂肪が注入された場所でそのまま残る)します。毛細血管に取り込まれなかった脂肪は、自然に吸収され、個人差もありますが状態は1ヶ月ほどで安定します。

脂肪注入法は大きくバストアップをする事は難しく、バストを一回り大きくしたい、という方に最適です。
また、吸引した脂肪を少しでも有効活用したい方や、人工乳腺(バック)などの異物を挿入することに抵抗を感じる方、腹部や下半身が太っているわりにバストが小さいと悩んでいる方などに適した豊胸術です。

脂肪の生着について

脂肪細胞には、その一つ一つに毛細血管が入り込み、酸素と栄養分が送られています。
注入にあたり、いったん切り離されて移植された脂肪に再度血管が結ばれなければなりません。
血管と注入された脂肪が連結すると、その脂肪に栄養がいきわたり、体内にずっと残ります。

生着率には個人差があり、脂肪が生着するかどうかは、注入した脂肪が生き残る条件と、注入に適した脂肪の厳選や注入の技術によって変わります。

通常、注入した約半分の脂肪に毛細血管が造成され、残りは吸収されるといわれています。

脂肪注入法(グラビアモデル・藤井美咲さん)

脂肪注入法による症例写真

  • 脂肪注入法による症例写真(術前)

    脂肪注入法による症例写真(術後)
  • 脂肪注入法による症例写真(術前)

    脂肪注入法による症例写真(術後)
  • 脂肪注入法による症例写真(術前)

    脂肪注入法による症例写真(術後)

太ももの脂肪をバストに注入

美容外科25年以上の信頼と実績

城本クリニックは、経験豊富な医師が、安全を第一に考え施術を行っている美容専門クリニックです。
充分なカウンセリング、アドバイス、しっかりしたアフターケアシステムを整えることで、患者様の”安心”を重視した”あなたの身になって考える”美容外科クリニックです。

PAGE TOP