コンテンツ一覧

美容皮膚科のすべて >> 治療方法から調べる >> クマ

クマ

城本クリニック 目の下のクマ治療

目の下のクマは、疲れて見えたり、老けて見えたりと、顔の印象にマイナスのイメージを与えてしまいます。
年齢層も幅広く、女性、男性問わず悩まれている方は多いです。

今までに、マッサージをされたり、エステサロンに通われたり、高価な化粧品を使用したり等、さまざまな方法を試した方が多いようですが、自身でのクマの改善には限界があります。

下瞼のクマの原因はいくつか考えられます。
また、原因が複数重なっていることもあります。
その原因によって治療方法が異なりますので、最適な方法をカウンセリングにてご案内します。

影によるクマ(たるみ、凹みによるクマ)

黒クマ加齢による下瞼のたるみやくぼみにより、影ができたように見えてしまうクマのことを言います。
また、遺伝により生まれつきの場合もあります。

眼窩脂肪が加齢によってたるみが生じ、脂肪が前方に突き出してきたため、その下に凹みができ、目袋とも言われます。

茶クマ(色素沈着によるクマ)

茶クマ肌の新陳代謝が乱れ、ターンオーバーのリズムが崩れると、メラニン色素を追い出すことができず、茶色に見えます。

紫外線、乾燥、摩擦(こすり過ぎ)、化粧品トラブル、アレルギー性皮膚炎などが原因でメラニンによる色素沈着が起きます。

青クマ(血行不良によるクマ)

青クマ下瞼の皮膚は顔の中でも一番皮膚が薄く透けて見える部分です。目の周りには毛細血管が多く存在し、血行不良を起こしやすく、うっ血してクマが目立つこともあります。
寝不足、疲れ、目の酷使、ドライアイ、強いストレス、冷え、貧血、肩こり、ホルモンバランスの乱れが原因の多くです。

治療方法

ヒアルロン酸注入

目の下のへこみにヒアルロン酸を注入し、影になっているクマを解消します。
状態によってヒアルロン酸の種類を使い分けています。

脱脂、たるみ取り

下瞼の脂肪を除去しふくらみを解消したり、たるんだ部分を切除してたるみを改善します。

光治療

色素沈着によるクマには、フォトフェイシャル、フォトRF(オーロラ)、Eライト、E-MAX、ePlusなどがあります。
クマの症状により施術方法が異なります。まずはカウンセリングを受けご自身のクマの種類を知りましょう。

経結膜脱脂

眼窩脂肪を下瞼の裏から取り除き、目の下のふくらみ、たるみ、くまを最も負担を少なく改善する方法です。
下瞼の脂肪を取ることで、若々しい印象の目元にすることができます。

経結膜脱脂に関して

症例写真

経結膜脱脂

経結膜脱脂

経結膜脱脂

美容外科25年以上の信頼と実績

城本クリニックは、経験豊富な医師が、安全を第一に考え施術を行っている美容専門クリニックです。
充分なカウンセリング、アドバイス、しっかりしたアフターケアシステムを整えることで、患者様の”安心”を重視した”あなたの身になって考える”美容外科クリニックです。

PAGE TOP