コンテンツ一覧

二重 目の美容外科 >> 目の下のたるみ取り

目の下のたるみ取り

下まぶたたるみ取り(下眼瞼切開法)

下眼瞼切開法とは、下まぶたのしわやたるみ、くま等を改善させるための手術方法です。20代後半から加齢とともに進行する下まぶたのたるみは、眼窩脂肪の突出によってさらにたるんだように見え、それに伴ってしわも深くなっていきます。この目の下のたるみを切開することにより、目もとを引き締めることができます。また、同時に脂肪を取り除くことによって、さらにスッキリとした目元に仕上がります。

下眼瞼切開法

下眼瞼切開法

下眼瞼切開法

目の下のたるみ取り

下眼瞼部脱脂・結膜側

下まぶたの裏の結膜側から下眼瞼の皮下脂肪を除去することで、眼の下のふくらみやたるみ、影ぐまを除去させることができます。正式には経結膜的下眼窩脂肪除去術と言います。

加齢とともに目の下の脂肪が眼球の重みで圧され、徐々に前方に突出してきます。下まぶたの皮膚は薄く、簡単に突出するために、たるみも生じやすくなります。下まぶたの膨らみは疲労顔に見えてしまい、影ができることで顔全体が不健康で疲れた表情に見えてしまいます。この膨らみを取り除くだけで、スッキリとした健康的な表情に変えることができます。

下眼瞼部脱脂・結膜側

下眼瞼部脱脂・結膜側

下眼瞼部脱脂・結膜側

ヒアルロン酸注入

下瞼のたるみやしわやクマを解消するために、ヒアルロン酸を注射するという、最も手軽に出来る方法です。
メスを必要としないため、プチ整形とも言われます。

当日からお化粧や洗顔が可能で、腫れや赤みもなく、その日から自然な仕上がりになります。
切開するのは怖い、なるべく短時間で済ませたい、仕事が休めない・・・といった方に向いています。
目の下のしわを平らにするように極細い針の注射を用いてヒアルロン酸を注入し、ハリを出してしわをなくします。

目元は最も人の目に付く部分。『見た目年齢』の印象を大きく左右する部分です。
しかし同時に、皮膚が薄いためにタルミやシワなどの老化現象が出やすい部分でもあります。

プチ整形など、少しの治療でも大きな若返り効果があるので、見た目に若々しくなりたい、実年齢よりも老けて見られる印象を治したい、疲れているように思われる目元にハリを取り戻したい、という方が特に多くお越しになられます。

ヒアルロン酸注入

ACR(PRP療法)

自分の血液中にある血小板を使って皮膚の若返りを図る最新の治療法です。
目の周りのシワやたるみ、クマの治療に、非常に効果的です。

治療方法は、採血を行い、得られた血液を遠心分離し調整します。
その後、気になる部位に注入します。

自分自身の血液を精製して注入する方法なので、アレルギー反応等の心配がなく、安心して治療をお受けいただけます。

ACR(PRP療法)

二重まぶた・目の症例写真はこちら

美容外科25年以上の信頼と実績

城本クリニックは、経験豊富な医師が、安全を第一に考え施術を行っている美容専門クリニックです。
充分なカウンセリング、アドバイス、しっかりしたアフターケアシステムを整えることで、患者様の”安心”を重視した”あなたの身になって考える”美容外科クリニックです。

PAGE TOP